【必要最低限】絶対抑えておきたいインスタグラムの企業活用術2017(後編)

【必要最低限】抑えておきたいインスタグラムの企業活用術(前編)
Pocket
LINEで送る

さて、前半ではビジネスとしてインスタグラムを活用する場合の基礎をお話しましたが、後編では、いざ投稿する際に必要なハッシュタグの選び方と、フォロワーを増やす為の具体的戦術までを説明します。

今から説明する内容を地道に実施し、ユーザー反応率の高いインスタグラム・アカウンターを目指しましょう!

関連記事▶【必要最低限】絶対抑えておきたいインスタグラムの企業活用術2017(前編)

 

1 インスタグラム活用のコツ その2
―優秀なハッシュタグを使いこなすー

さて、いよいよ投稿についてのノウハウに入ります。インスタグラムには「人気投稿」という欄があり、近日中に多くの反響が得られた9枚の写真が並び、10時間から数日間表示され続けるようになります。自社の投稿を人気投稿欄に載せることができれば、投稿が注目され、いいね!数、フォロワー数を確実に増やす事ができます。

では、どうしたら人気投稿欄に載せる事ができるのでしょうか?その手段の一つが、自分のアカウントに適切なレベルのハッシュタグを選ぶことなのです。下記はインスタグラム活用を始めたばかりの初級者が、どのようなハッシュタグをつければよいかを紹介します。

 

1.1 ハッシュタグの選び方

初めに…優秀なハッシュタグとは、どのようなハッシュタグでしょうか?定番や人気のハッシュタグでしょうか?残念ながら、育っていないアカウントに、定番や人気のハッシュタグを並べた所で、ほとんど意味がありません。定番や人気のハッシュタグは、確かに見る人は多いのですが、投稿数も多い為、他者の投稿に埋もれてしまい、人気投稿欄に載せるのは至難の業です。本当に優秀なハッシュタグは、相手に対し確実に行動を誘発させるハッシュタグの事です。

以下は初級者インスタグラマーの為のハッシュタグの選び方です。

 

1.1.1 人気のハッシュタグ+α

ハッシュタグの選び方_人気のハッシュタグ+α
初級者はまず「人気のハッシュタグ+α」で人気投稿欄に載せることを目指しましょう。

例えば、インスタグラムで「#カフェ」と検索すると、投稿数はなんと120万件!育っていないアカウントで、この投稿数レベルのハッシュタグを付けて、人気投稿数欄に載せることはまず無理だと考えてください。初級者の場合、地名や季節など、他の言葉を+して投稿数の少ないハッシュタグを使用してください。例えば、「+季節」をした「#冬カフェ」であれば投稿数はわずか204件です。まずはこのレベルのハッシュタグを使用して人気投稿欄に載せる事が、「#カフェ」の人気投稿欄に載せるための第一歩なのです。

 

1.1.2 マニアックなハッシュタグを考える

マニアックなハッシュタグは投稿数が少なく、検索される機会は少ないものの、人気投稿にピックアップされやすい傾向があります。わずか10いいね!しかついていなくても、人気投稿に表示されることもあります。全部がマニアックハッシュタグではいけませんが、数個を組み込む事は効果的と言えます。「#カフェ」の投稿であれば、提供しているメニューの一品を「#おいしいカフェラテ」(45件)と挙げるのがその例です。

よく説明文や1人突っ込みに「#」をつけるユーザーがいます。確かに投稿数は少ないですが、検索される事を考えると結果には繋がりません。それをやっていいのは有名なインスタグラマーだけだと覚えていてください。初級者は投稿数30~50件くらいのハッシュタグを狙いましょう。

 

1.1.3 ちょうど良いハッシュタグを探す

「ちょうど良いハッシュタグ」かどうかは、投稿数といいね!数、そして投稿全体のクオリティを精査していきます。

 

1.1.3.1 投稿数、いいね!数が多すぎず、フォロワー数がそこそこ多いハッシュタグ

例えば、同じ「#カフェ」の投稿でも、カフェの特徴や名前等をハッシュタグとして付けるのがその例です。目安としては以下を参考にしてください。

  • 投稿数が2万~5万程度
  • 人気投稿欄のいいね!数が100いいね!を以下が多い
  • 各投稿のフォロワー数は1000人以上が多い

こういうハッシュタグは閲覧数がそれなりで、且つライバルが少ないので、人気投稿欄を狙えるハッシュタグと言えます。

 

1.1.3.2 人気の投稿に上がっているアカウントのフォロワー数が多すぎないハッシュタグ
ハッシュタグの選び方_ちょうど良いハッシュタグを探す

投稿全体のクオリティは高めにもかかわらず、人気の投稿に出てきているユーザーのフォロワー数は1,000人以下というようなハッシュタグです。例えば「#カフェ写真」はハッシュタグに「写真」と付けるくらいですので、ギャラリーのレベルは高いものが目立ちます。しかし、少ない投稿だとフォロワー数が500人以下です。こういうハッシュタグも超人気インスタグラマーと競い合う確立が少ないので、狙い目と言えます。

これはあくまでも著者の個人的意見ですが、私の経験上、初めのうちは上記の【人気のハッシュタグ:マニアックなハッシュタグ:ちょうどよいハッシュタグ】【2:2:6】くらいに組み合わせて使用するのが適切だと思います。

尚、ハッシュタグを検索する際の参考として、「Instagram Japan」の投稿を見ると、現在注目さているハッシュタグ確認できます。また類似するハッシュタグを探す際には「ハシュレコ」というサイトが便利です。

関連サイト▶@instagramjapan ハシュレコ

 

1.2 ハッシュタグの最適個数

ハッシュタグの最適個数

ハッシュタグをつける個数に関しても最適数というものがあります。ハッシュタグは最高30個まで付けられないというルールがあります。しかし、だからと言って、初級者インスタグラマーにありがちな、効果の低いハッシュタグを投稿毎に30個つけるのは意味がありません。場合によっては煙たがられて逆効果にもなりかねません。高い反応率を示すハッシュタグの個数は11個以上という調査結果があります。フォロワーが増えるまでは、1.1 ハッシュタグの選び方で言ったような効果的なハッシュハグを最低でも11個以上つけるようにしましょう。

関連サイト▶The Ultimate Guide to Hashtags

 

2 インスタグラム活用のコツ その3
―質の高いフォロワー(見込み客)を獲得するー

投稿がたまってきたら、次はフォロワーを獲得する為に積極的に動いてみましょう。

自分のアカウントのファンになってもらい、フォロワーが増えれば増えるほど、フォロワーのタイムラインに登場する回数が増え、結果、アカウント自体の信用度が高まります。そうなると、より多くのユーザーや見込み客にフォローやいいね!を返してもらえるという好循環が発生します。

今回はただフォロワー数を増やすのではなく、そういった質の高いフォロワー(見込み客)を獲得する方法をご紹介します。

 

2.1 自発的にアクションを起こす

2.1.1 自分が使用したハッシュタグで検索し、積極的にアクションを起こす

自分が使用したハッシュタグで検索した投稿に対し、自分からいいね!をしてみましょう。特にクオリティが高いのに、フォロー数が少ないアカウントの投稿へのいいね!は質の高い見込み客になる可能性が高いので、いいね!だけではなくフォローをする事をお勧めです。更に本当にフォローして欲しいユーザーに対しては、いいね!やフォローだけではなく、投稿にコメントをしてみましょう。

地道な作業ではありますが、ここでのがんばりがフォロワー数の増加に大きく影響しますので、毎日少しずつでも自分からのアクションを続けてみて下さい。

尚、フォローに関しては、自分のコンセプトとまったく合ってないユーザーや、フォローバック(略してフォロバともいいます)OKのアカウントをフォローする事はお勧めしません。「ゴーストフォロワー」と呼ばれる、ほとんどいいね!をしてくれない質の低いユーザーが増えるだけで、本当に欲しいユーザーから「フォロー増やし」のアカウントだと警戒され、フォローしてもらえない、という結果にもなりかねないからです。フォローに関しては、いいね!よりも慎重に厳選する必要があります。

尚、何も考えず連続でいいね!やフォローをし過ぎると、インスタグラム側から警告が来ますので要注意を。更に警告を無視し続けると、アカウント停止になることもあるようですので、きちんと厳選してアクションを取るようにしましょう。

 

2.1.2 いいね!バック、フォローバックをする

インスタグラムを始めたばかりの頃は、いいね!数があまり多くないと思います。だからこそ、いいね!をしてくれた人に対し、いいね!バックをしていく事で、インスタグラム上で1対1のコミュニケーションの場を作り、信頼を育てていく事が大事です。自分の投稿にいいね!やフォローしてくれたユーザーには最低でもいいね!バックを確実に返していきましょう。

 

2.2 イベントに参加する、企画する

ギャラリーのコンセプトに合っていない場合を除き、自分のアカウントを知ってもらう為に、インスタグラム内でイベントを参加したり、企画するなどして、露出を増やすのも一つの手です。ここではいくつかの例をご紹介します。

 

2.2.1 #jph○○に参加する

イベントに参加する、企画する_#jph○○に参加する

「#JHP」とは、ジャパンハッシュタグプロジェクトの略で、インスタグラムジャパンがハッシュタグのテーマが決めてお題を出す企画ですが、そういった企画に積極的に参加するのも質の高いフォロワー数を増やす一つの方法です。

 

2.2.2 「#○○部」「#○○な人と繋がりたい」

イベントに参加する、企画する_「#○○部」「#○○な人と繋がりたい」

「#○○部」「#○○な人と繋がりたい」といった共通の趣味、好みを持つユーザー同士が繋がる為のハッシュタグを使用する事で、ニーズに合ったユーザーから検索されやすくします。

 

2.2.3 キャンペーンを企画し、リポストする

ユーザーに指定のハッシュタグを付けて投稿してもらい、更にその投稿をリポストさせてもらう事でプレゼントやクーポンなどを贈呈するキャンペーンを企画する方法です。この場合のポイントは応募回数に制限を付けない事です。応募回数に制限を付けない事で、その分、投稿数を大きく伸ばせる可能性があります。また、リポストする事で、ファンの中のステータスに位置づけられる、という事も期待できます。

 

2.3 ストーリーズを活用する

インスタグラムストーリーズとは、投稿後24時間で自動的に消滅し、タイムラインには残らない投稿のことです。ストーリーズ活用のメリットは以下です。

 

2.3.1 目立つ

投稿がどんどん流されてしまう一般的な投稿に比べ、ストーリーズは必ずメイン画面(タイムライン)のヘッダーに表示されます。

 

2.3.2 ギャラリーのコンセプトに合ってない内容も投稿できる

24時間で消滅するので、ギャラリーのコンセプトに合ってない投稿もできます。撮影やイベントの舞台裏、運営スタッフの紹介などを投稿する事で、ユーザーが親近感を感じ、よりコアなファンになっていくれる事が期待できます。

 

2.3.3 ライブ配信ができる

ストーリーズの投稿は24時間後に消滅しますが、ライブ配信は配信終了とともに消滅します。ライブ配信では、ユーザーはいいね!やコメントをつける事で、配信者とリアルタイムでコミュニケーションを取る事が可能です。イベントのライブ中継、限定商品の在庫数配信、タイムセールの案内などの使い方ができます。尚、配信者は、視聴人数や視聴者を確認する事ができます。

 

2.3.4 足跡機能がある

ストーリーズにはmixiの足跡機能のような機能があります。フォロワー以外の人から足跡がつく場合がありますので、毎度チェックし、そういったユーザーをこちらからフォローしたり、その人の投稿にいいね!をつけたりすれば、フォロワー獲得に繋がる可能性があります。

 

3 まとめ

いかがでしたか?

私の経験上、前半、後半の内容を確実に実施していけば、数ヵ月後には1回の投稿に対し、フォロワーの30%がいいね! してくれるアカウントに育つはずです。しかしながら、一番大事なのは、PDCAを定期的に回し、改善していく事です。

ぜひ楽しみながら運用していってくださいね!

関連記事▶【必要最低限】絶対抑えておきたいインスタグラムの企業活用術2017(前編)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です